NBA 2Kシリーズは毎年発売されていますが、本作「NBA 2K21」はいつにも増して前作までとあまり代わり映えしません。これは悪いことばかりではありません。細かい調整によって素晴らしい体験が損なわれることなく、NBAバスケットボールのプレイとスタイルが忠実に再現されているのです。

一方、前作までと同じ間違いも犯しています。試合以外の要素は断片化された雑な代物であり、アイテム等を少額課金で手に入れた者が有利になる、いわゆる「ペイ・トゥー・ウィン」の醜悪さに苦々しい思いをさせられます。

ショットスティックによるエイムとマイキャリアモードの変更は歓迎できる追加要素ですが、商業化の傾向が強まる中で、主要なゲームモードにアップデートが加えられていない点に目を瞑ることがより難しくなってきています。

近年の同シリーズをプレイしたことがある人にとっては、NBA 2K21には試合の要素にいくつも細かな変更が加えられているものの、基本的にはとても馴染みのあるものだと感じられるでしょう。

ショットスティックによるエイムは、単なるタイミング合わせではなくシュートを正確に狙う必要が生まれました。この点は私としては一番気に入ったアップデートです。素晴らしいのは、これをマスターするのが非常に難しいということです。ベテランプレイヤーでもまた新たな上達のしがいがあり、グリーンショット(右スティックを傾けつつメーターを所定の範囲に収める必要があります)を決める喜びがあります。

また、これによりペイント内でのオフェンスに繊細さが求められるようになりました。フローターや巧みなレイアップを決めるためには、正確にシュートの狙いを定める能力が求められ(これは控え選手よりもレブロン・ジェームズのようなスター選手の方が遥かに楽に決められます)、フィールドの別のエリアでのチャンスが生まれます。

タイミングのシビアさが下がったことで遅延の問題が緩和されていると感じましたが、相変わらずオンラインでのプレイにはびこっている問題は残っています。タイミングのシビアさの軽減は、NBA 2K21において数少ない完全に新しいと感じられる点の1つだからかもしれませんが、本作最高の追加要素として突出しています。

またボーナスとして、右スティックによるドリブルのモーションの幅が完全なものになり、ジャマール・クロフォードのおおげさなクロスオーバーやビハインド・ザ・バックといった選手独自のサイズアップを使いながら攻めることができるようになりました。意図せずシュートを打ってしまう心配をせずに右スティックでスペースを作ることに集中できるのは大きな改善です。

全般的にドリブルのレスポンスがよくなっており、これまで長年にわたって本シリーズにはびこってきた、奇妙で意図しないアニメーションは滅多に発動しなくなりました。

ジェームズ・ハーデンのステップバックからのユーロステップなど、ムーブの連鎖もこれまでにないほど実行しやすくなったように感じます。こうした調整は必ずしもわかりやすいものではありませんが、既に素晴らしかったゲームプレイがさらに向上しています。

アップデート不足による最大のマイナス点の1つは、前作までの数々の問題が残っていることです。ぎこちないポストプレイは特にイライラさせられる要素の1つであり、オンラインやオフラインでの対人戦ではそれが顕著になります。他方で、ペイント内にボールを運ぶのはあまりにも簡単すぎます。ボールがディフェンスの背中に当たってしまうという奇妙な例を除けばパスがカットされることは少なく、ほぼ確実にインサイドに通ります。